滞留在庫や不良在庫は早めに処分しましょう

2010-04-07

不用な滞留在庫不良在庫は早めに処分すべきです。
これらの在庫でも、持っていればいつかは売れるだろうと
考えている経営者も少なくありません。

しかし、これらの在庫を抱えていても、
保管コストがかかるだけで、永久に売れないかもしれないのです。

滞留在庫や不良在庫となった不用品はバーゲンなどによって一掃すべきです。
バーゲンでも売れないものは廃棄処分しましょう。
不用品から少しでも資金が回収できれば、資金繰りにプラスになりますし、
これを借入金の返済に充てれば、支払利息を節約できます。

とにかく、バーゲンでも廃棄でも、処分してしまえば、
費用か損失が発生するので節税になります。
また、保管コストも減らすことが出来ます。

滞留在庫や不良在庫などの不用品を発見するには、
実地棚卸を定期的に行って、いつから在庫になっているのか、
何年在庫のままなのかを把握する必要があります。

さらに大切なことは、滞留在庫や不良在庫を発生させない体制作りです。
売れるかどうかわからないような商品は、
単価が高めとなっても仕入を少なめにするとか
陳列品のみを持つようにするなどの対処が必要です。

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

カテゴリー: 資金繰り改善法 タグ: ,
Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead