仮払金、立替金、貸付金をなくそう

2010-04-13

貸借対照表の流動資産で、仮払金、立替金、貸付金などで
使い道のはっきりしないものがあると、
そこに資金が寝てしまっていることになります。

使い道のはっきりしないお金は経営者の公私混同から
生じることが多いようです。
経営者が個人的に使った飲食代などを仮払金や立替金で処理し、
それが精算されず毎年増えていくこともあります。

このような場合に、経営者が個人的に使った仮払金などが
役員賞与に認定されて、余計な税金まで取られることもあります

こんなことでは、資金繰りが悪くなるだけではなく、
会社の経営基盤そのものが崩れてしまいます。
経営者への個人的な仮払金、立替金、貸付金などで、
経営者が負担すべきものや、経営者から回収すべきものは、
きっちりと回収しましょう。

また、精算すべき費用は早めに精算して費用化し、
税金の負担を減らしましょう。

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

カテゴリー: 資金繰り改善法 タグ: , ,
Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead