banner

banner banner banner
節税と集客が得意な税理士です。

税理士や税理士事務所を選ぶ基準は何でしょうか?

記帳代行、税務申告、税金の相談はどんな税理士でもできます。

やはり税理士にお願いするなら節税対策でしょうか?

ただ、節税するには、その前提として会社が儲かっていないと駄目ですよね?
しかし現実は、中小企業の8割以上が赤字経営と言われています。

藤本税理士事務所では、
「儲かる経営のアドバイス、そして強い会社を作るアドバイス」
こそが、今の税理士に求められている能力だと考えています。


現在の税理士の先生に、不満や疑問はありませんか?

「うちの税理士って、記帳代行と確定申告はしてくれるけど、
積極的な節税対策、営業、集客などの経営のアドバイスはしてくれない。」

神戸市で会社を経営している友達が、
顧問税理士についてこんなこ不満をこぼしていました。

平均年齢60歳を超える税理士業界では、
いまだに「税理士=先生」という古い考え方で、
長年の経験こそが、税理士の能力の証だと考えている方が多いようです。

こういった税理士は、経営のアドバイスをすることもなく、
またお客さんの方も、税理士に営業や集客の質問をしても無駄だと
諦めている人が多いようです。

そんな税理士が担当している会社の経営者や起業家とお話しする機会がある度に
「私だったら、もっと適切なアドバイスができるのに!」
と思うことがよくありました。

これが、私が神戸市で税理士として独立しようと決心したきっかけです。

「知ってて良かった!いざというとき「お金」が得するセミナー」より

新着情報

Copyright(c) 2016 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead