小切手や手形とはどんなものでしょうか

2010-04-01

売掛金の回収に小切手手形を受け取ることがあります。

小切手とは、作成者(振出人)の取引銀行が
作成者(振出人)の預貯金口座から持ち主(名宛人)に対して、
券面に表示された金額の支払いを約束する証券のことです。

支払期日の指定がなく、すぐに現金化できることから、
事実上、現金と同じ役割を果たしています。

一方、手形約束手形為替手形の2種類があり、
約束手形が主に使われます。
振出人が受取人に対して一定の期日に一定の金額の支払いを
約束する証券のことをいいます。

小切手も手形も記載が必要な事項(要件)があるので、
受け取るときには、記載事項に漏れがないかを必ずチェックしましょう。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead