個人事業主の確定申告:手続と節税

いよいよ確定申告の時期が今年もやってきました。

税理士にとっても、実はこの時期が一番忙しいのです。

  • 今年、初めて確定申告を行う方
  • 帳簿は自分でつけているので、確定申告のみ希望の方
  • 帳簿も何もつけてません!全てお願いします~という方
  • 税金を少しでも安くしたいとお考えの方
  • そろそろ税務調査が気になる方
  • 売上UP、経営計画のアドバイスを受けたいと方

藤本税理士事務所では個人で商売をしている個人事業者の
記帳代行、記帳指導、節税対策、税務調査対策の相談、確定申告書の作成、
そして、贈与税の申告を行っています。

 

神戸市 税理士 確定申告

1.最大限の節税対策をお約束します。

藤本税理士事務所は、節税対策にはプライドを持っています。

「他の税理士にお願いしたら、もっと税金が安くなった!」
そんなことが無いように、可能な節税対策は全て行います。

2.帳簿記入などの記帳指導をします。

個人事業者の場合は、帳簿の作成と保存が義務付けされていますが、
必要以上に時間と手間をかける必要はありません。

簡単かつ税務署に文句を言われない記帳方法を伝授します。

3.税務調査対策のアドバイスをします。

営業開始3年以上経つと税務調査がそろそろ気になります。

そこで税務調査で事前に問題になりそうな項目を調査し、
その対策・対処方法をアドバイスします。

-確定申告と税務調査の裏話-

確定申告を税理士にお願いするメリットには色々あると思いますが、
あまり知られていない本当のメリットは、税務調査が入った時に分かります!

確定申告書に、税理士のハンコが押してあると、
通常、税務署は調査をする前に、事前に税理士事務所に連絡を入れます。

そして、税理士から顧問先に連絡を入れて、調査の日取りを決めることになります。
すなわち、何か問題があるようなら、事前準備が可能になるわけです。

しかし、税理士が関与していない場合には、
直接税務署から連絡が来たり、現金商売の場合には、
いきなりお店に直接やってくることもあります。
 

 

確定申告の料金表(金額は全て消費税別)

事業所得・不動産所得(事業規模)の確定申告

自分で帳簿と勘定科目の集計表を作成している場合

60,000円 ~ 80,000円
申告の料金は、業種、仕訳数、お預かりするデーター形式などにより変動します。

仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳、売上帳、経費帳などの帳簿を自分で記入していて、
毎月の売上や経費の合計金額の一覧表を作成できている方が対象になります。

帳簿を作成しておらず領収書等の持ち込みの場合

90,000円 ~ 120,000円
申告の料金は、業種、領収書などの資料数などにより変動します。

帳簿はまったく付けていない方が対象です。

領収書、請求書、レシート、売上伝票などをを持ち込んでもらい、
税理士事務所で帳簿も作成します。

消費税の確定申告

消費税の申告で、原則課税と簡易課税のどちらを採用した方が、
節税できるのか分からない方には、
シュミレーションを行い来年度以降の消費税節税のアドバイスも致します。

原則課税 30,000円
簡易課税 20,000円

贈与税の確定申告

本年度中に現金又は資産の贈与を行った場合の、
贈与税の相談と確定申告も行っています。

現金のみの贈与 20,000円
現金以外の贈与(1件につき) 30,000円
相続時精算課税(初年度) 80,000円

Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead