公的融資の最新情報を収集しましょう

2010-05-21

公的融資制度の基本的な枠組みは、
めったに変更されることはありませんが、
金利などは年に何度も変更されることがあります。

また、景気対策、被災者援助、連鎖倒産防止などを目的として、
特別な融資制度が緊急に創設されることがあります。

例えば、大企業が破たんしたとき、それに伴う連鎖倒産を防ぐため、
その取引業者を対象にした特別融資制度が創設されています。

緊急の融資制度には用意された資金の枠がありますので、
早い者勝ちでなくなってしまうことがあります。
したがって、最新の公的融資の情報を、
窓口から直接集めることが大切です。

公的融資の情報窓口としては、取引先金融機関、
地方自治体の商工部、商工会議所、商工会があります。
これらの窓口にはたいてい公的融資制度のパンフレットが
置いてありますので、もらっておくとよいでしょう。

また、頻繁に訪ねて担当者と親しくしておくと、
公的融資の最新情報だけでなく、
地域内の経済情勢など有益な情報が得られることもあります。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead