資金繰り改善のため、高額な手形は分割して受け取りましょう

2009-12-22

額面金額が大きな手形を受け取るときは、
分割して受け取りましょう。

例えば、2,000万円の手形を受け取る場合、
500万円づつ4枚に分けてもらったら、
それぞれを裏書譲渡したり、割り引くことが可能です。

しかし、1枚の場合はどうでしょうか。
手形を割引くときも割引料が多くかかりますし、
融資枠を超えてしまうこともあります。

なるべく分割にしてもらえるように、
事前に取引先と交渉をするようにして下さい。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead