資金繰り改善のために、滞留債権を確認しよう

2009-12-23

売掛金の管理を行っていても、
回収時期が来ているにもかかわらず回収できない
滞留債権が発生することがあります。

滞留債権は、まず早期に発見し、
回収するためのフォローをする必要があります。

滞留債権は、経理処理上も一般の売上債権とは違った
別の勘定科目を設定し、
回収遅延の状況と理由を把握したうえで、
回収を徹底するようにして下さい。

また、回収の見込みがなくなった場合には、
貸倒れの経理処理をしましょう。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead