事業計画書をつくりましょう 5W2Hでアウトラインを考える

2010-02-23

事業計画書は、5W2Hを自分に問いかけながら作っていきます。
5W2Hとは、Who(誰が)、When(いつ)、Where(どこで)、
What(何を)、Why(なぜ)、How(どのように)、
How much(いくらで)
の略です。

Who(誰が)というのは、お客様のことです。
誰に対して商品やサービスを提供するのかを書きます。

When(いつ)というのは、
商品やサービスを提供する時期を書きます。

Where(どこで)というのは、
どのマーケットを狙うかということを書きます。
需要がないところに商品やサービスを提供しても意味がありません。

What(何を)というのは、商品やサービスの概要を書きます。

Why(なぜ)は、自分がお客様に商品やサービスを
提供する意義を書きます。
これが起業動機や経営理念のもとになります。

How(どのように)では、商品やサービスをどうやって提供するのかを考えます。
商品であれば仕入れから提供までの一連の流れを書きます。

How much(いくらで)というのは、
どのくらいの初期投資と運転資金がかかるのかを計算します。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead