Posts Tagged ‘個人事業’

個人事業と法人での起業の手続きの違いは何でしょうか?

2010-02-10

個人事業で起業する最大のメリットは、法人のように、
会社設立のための複雑な手続きや費用負担を必要としない点にあります。

個人事業の場合、本人が「事業を始めます」と言えば、
それでスタートでき、税務署や地方自治体への届け出は必要ですが、
会社の設立に比べれば、簡単です。

2006年5月に会社法が施行されたことで、
資本金1円で株式会社を設立できるようになりました。
しかし、設立の費用は約25万程度かかります。

また、株式会社などの法人は、事業を変更したり増やしたりするたびに、
定款の変更手続きをしなければなりません。
そのつど時間と費用がかかることになります。
また、会社をたたむ時も、法律に則った精算手続きや登記手続きが必要です。

その点、個人事業者は開業届を出せば、すぐに始められ、
廃業するのも届出書1枚で済みます。

事業の立ち上げや変更の手続きを考えた場合、
株式会社より個人事業者の方が手軽といえるでしょう。

起業するときの個人事業と法人の違い

2010-02-08

起業するとき、事業を始める形態として、
個人事業者でいくか?」「法人を設立するか?
悩むところです。

この「個人事業」と「法人」の違いはどこにあるのでしょうか?

経営者が個人的立場で事業を行い、
事業に対するすべての利益も責任も引き受けるのが個人事業です。

一方、登記されることによって法的な人格を与えられた法人組織が、
事業を行うのが会社経営です。

個人事業と法人は、事業規模の大小や業種によって区別されている
わけではありません。

個人事業の事業主はあくまで本人ひとりですから、
事業に対するすべての責任を背負うことになります。
利益はすべて事業主個人のものになりますが、
金融機関などから借り入れをすると、それは個人の借金となり、
事業主として全責任を負わなければなりません。

それに対し、法人は、取締役として責任者を一人以上置き、
その中から代表取締役を選任します。
法律によって事業内容や役員、運営などすべて規制されますが、
責任は自分の出資分の範囲内に限られる点で、個人事業とは異なります。

では、どちらが得なのか?

また、明日お話しましょう。

Copyright(c) 2019 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved.