Posts Tagged ‘利益計画’

事業計画 運転費用は利益計画にまとめましょう

2010-03-04

1ヶ月の運転費用(ランニングコスト)を計算し、
1ヶ月の利益予測を立てましょう。
売上高は、「販売価格×販売数量」で求められます。
売上高の数値と売上原価、経費を把握すると利益が算出されます。

利益がゼロ、またはマイナスであれば、
売上高そのものを上げるか、または、売上原価や経費を見直して、
それらを圧縮する必要があります。

例えば、材料費や物流費の削減や店舗や事務所を安いところに
借り換えて固定費を下げたり、外注費やアウトソーシングを増やして
人件費を下げたりして利益の幅を大きくします。

このように、創業後、1ヶ月後、2ヶ月後の利益計画を作ります。
利益計画はあくまでも予想数値です。
実際にどのくらいの利益が上がるのかということは、
事業を行ってみなければわかりません。

ただ、事業資金を融資で賄う場合には、利益の数値の根拠
明らかにする必要がありますので、しっかりとシミュレーションしておきましょう。

事業計画書を作りましょう

2010-02-22

事業を行うとき、事業計画書が必要です。
事業計画をつくる理由は大きく分けて二つあります。

一つは「自分の事業概要」を知るためです。
自分がターゲットとすべきお客様はどういう人なのか、
どういうマーケットを狙って事業を行うのか、
自分の事業の概要がわからなければ、方向性を見失ってしまうからです。

そして、もう一つは「利益計画」のためです。
事業を継続するためには、利益を生み出す必要があります。
利益をどうやってねん出すべきかの仕組みを最初に考えておかなければ、
事業を継続することが困難になってしまいます。

また、物件を借りるための融資を受けたり、
開業資金の融資を受ける必要があります。

そのとき金融機関からお金を貸すことができる相手かどうか
の審査を受けますが、この審査に必要なのが事業計画書になります。

経営計画とは利益計画です

2009-12-09

経営計画を立てるとき、まずは手元にいくら残す必要が
あるのかを考えます。

会社は利益がないと何も出来ません。

そこで利益をいくら出すかをまず決めて、
そのために経費や売上をいくらにするかを考えていく、
これが「利益計画」です。

経営計画は、会社にいかにお金を残すか、
そのために何をするかを考え、実行に移していくことが大切です。
つまり、経営計画とは利益計画なのです。

まずは、利益の額を軸におくことを忘れずに
会社の計画を立て、戦略を考えていきましょう。

Copyright(c) 2020 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved.