据置払いを利用しよう

2010-04-23

手形の振り出しはやめるべきですが、突然やめてしまうと
たちまち資金繰りが悪化して支払いが困難になります。

そこで、仕入先に対して「据置払い」にしてもらうよう
交渉して下さい。

据置払いとは、手形を振り出して買掛金を支払う代わりに
手形を振り出さずに、その支払手形のサイトを
買掛金として据え置いてから現金で支払うという方法です。

支払いサイトをこれまでの手形のサイトより
短くすれば可能となるはずです。

例えば、これまでの支払条件が月末締め翌月末に
3カ月サイトの手形払いだとします。
この場合締め日から4カ月後に仕入先はキャッシュを
手にすることになります。

これを月末締め3カ月後、または3.5カ月後に現金払い
という条件で話をします。
そうすれば、1カ月または0.5カ月早くキャッシュを
手にすることが出来るようになります。

そして据置の期間をだんだん短くしていき、
最終的には現金払いができるようにすることです
現金払いほど確実な仕入原価の削減策はありません。

 


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead