売掛金や受取手形の残高を減らそう

2009-12-15

売上があるからといって、必ず資金があるとは限りません。
掛売りの場合、商品を販売しても
すぐに代金が入ってこないからです。

つまり、期末に売掛金や受取手形がある場合、
その分の売上代金はまだ会社には入っていないことになります。

前期末の売掛金や受取手形の残高が、
当期末の残高より多くなっている場合は、
その分資金が少なくなっていると考えられます。

したがって、売掛金や受取手形の残高を
減らすように努力していけば、
資金繰りは楽になっていきます。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead