開業資金は少なくおさえましょう

2010-02-18

開業資金のなかで大きなウエイトを占めるのが、
店舗や事務所の保証金や権利金、不動産会社に支払う仲介料、
内装工事費、設備費などです。

これらが大きくなりすぎると
事業が思うようにいかなかったときに、
軌道修正ができません。

開業当初の設備投資は最小限におさえ、
事業が軌道になってから徐々に整備していくようにしたほうが、
金銭的な修正が可能になります。

厳しい目線で、検討して見ることが大切です。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead