Posts Tagged ‘過剰在庫’

実地棚卸と在庫の年齢調べをしましょう

2010-04-09

商品や製品の棚卸は、定期的に、できれば毎月実施して下さい。
実地棚卸は、在庫の担当者だけで行うのではなく、
経理部など他の部署の人も立ち会って行うようにしましょう。

例えば、担当の営業マンだけで実地棚卸をすると、
滞留在庫や不良在庫の報告がされないこともあります。
担当者としては、これらの在庫については伏せておきたいからです。
第三者が立ち会うだけで、過剰在庫、滞留在庫、不良在庫が
わかることもあります。

さらに在庫の年齢調べを行って、長期在庫をリストアップして下さい。
長期在庫のリストは、関連部署に回送し、その原因をつきとめ、
善後策を講じる必要があります。
不用品を発見したら早めに処分して、少しでも資金を回収して下さい。

過剰在庫や不良在庫の原因をつかみましょう

2010-04-06

在庫を減らすと資金繰りは楽になります。
では、在庫を減らすにはどうしたらいいでしょうか。

まず、なぜ在庫が増加したのか
なぜ過剰在庫や不良在庫を抱えてしまったのかという
原因を究明することです。
原因がわからなければ対処のしようがないからです。

過剰在庫の原因は、販売計画と仕入、製造計画の失敗です。

まず考えられるのが、在庫切れによる販売機会の喪失をなくすために、
大量の在庫を抱えてしまうというケースです。
これは、売上高至上主義の転換や売れ筋商品と
納入予定品のみを持つようにするなどの対処が必要です。

次に考えられるのが返品です。
返品がされた商品はキズや汚れがついて滞留在庫や不良在庫に
なりかねません。
返品が生じない売り方を考え、対処していく必要があります。

仕入面では、仕入単価が安くなる、リベートがもらえるという理由で
大量仕入をするケースが考えられます。
確かに単価が下がるのでコスト削減になりますが、
売れ残ってしまうと、資金繰りを悪化させるので、
安易な大量仕入は、しないようにしましょう。

在庫が増えると資金繰りが悪化します

2010-01-13

在庫が増加するということは、
商品を購入して現金が出ていっているにもかかわらず、
売れていないので、現金を回収出来ていないということになります。

つまり、在庫が増えるということは、資金繰りを悪化させ、
企業経営にさまざまな弊害をもたらします。

例えば、在庫を保管していると保管コストがかかります。
まず、在庫を置くためのスペースが必要になります。
倉庫料がかかるのです。

次に在庫を管理するための人件費がかかります。
在庫が多いほど棚卸の手続きは大変になります。
また、諸経費もかかります。
光熱費、保険料などです。

そして、長期間保有している在庫は、だんだん劣化、陳腐化していきます。
いずれ販売不可能となり、廃棄処分することになりますが、
廃棄するにもコストがかかります。

在庫は、起業の赤字体質を加速させるので、注意が必要です。

Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead