経理の基本 必要な帳簿を準備しましょう

2010-03-24

個人事業でも会社でも、営業活動によって利益が出た場合、
その利益に基づいて算出した税金を国に納付する必要があります。

「どれだけの利益が出たのか」
「会社の財産状態はどうなっているのか」などを把握するため、
損益計算書や貸借対照表を作成します。
そして、これらを作成するために帳簿を作成するのです。

例えば、銀行口座を通して出し入れしたお金は通帳に記録が残りますが、
銀行口座を通さないお金の記録は残りません。
そこで、現金の出し入れについては、「現金出納帳」を使って記録します。

現金出納帳は、おこづかい帳や家計簿をつけるのと同じ要領で、
出たお金と入ったお金を毎日記入していくだけです。

科目ごとの収支状況をまとめた総勘定元帳も必要です。
損益計算書や貸借対照表を作成する際に必要となります。

帳面の作成については、コンピュータソフトの使用を検討しましょう。
自動的に作成してくれるので、タイムリーに状況を把握することが出来ます。

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead