取引を行う上で必要な七つの帳簿

2010-03-25

すべての収支取引を記録するために総勘定元帳があることは
前回にお話ししました。

総勘定元帳に記入する場合、通常仕訳帳という帳簿に仕訳を記載してから、
総勘定元帳に記入します。
この仕訳帳総勘定元帳は、「主要簿」と呼ばれています。

それ以外に補助簿というのがあります。
補助簿は、重要な取引において、その内容や明細を記録したり、
集計したり、整理したりするときに使います。

補助簿の内容は次のとおりです。

(1)預金出納帳
   銀行口座の入出金を記帳します。金融機関の通帳を見て、
   引出額、預入額を記入します。

(2)現金出納帳
   現金の出し入れを記入する帳簿です。

(3)売掛帳
   掛けで販売した場合や売掛金の代金を記入します。

(4)買掛帳
   掛けで仕入れや外注費の買掛金やその支払いを記入します。

(5)経費帳
   仕入以外の水道光熱費など経費の勘定科目を記入します。

(6)固定資産台帳
   営業車など資産の減価償却費を記入します。

(7)給料台帳
   従業員の給料を記入します。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead