Posts Tagged ‘売掛金’

掛けで売るなら、掛けで仕入れましょう

2010-04-21

一部の現金商売は別として、たいていの企業では、
販売について掛け取引を行うのが一般的です。

売掛金があって、ある程度の在庫を抱えるのは仕方がないのですが、
売掛金が増えるほど資金繰りは苦しくなります。
さらに、在庫が増えるともっと資金繰りは苦しくなります。

現金で仕入れて掛けで売るとなると、
先に現金が手許からなくなるので、資金繰りは苦しくなります。

そこで掛けで売るときは、掛けで仕入れて支払うというのが
資金繰りの基本です。
さらに売掛金を回収してから仕入代金を支払うようにすると
一段と資金繰りがラクになります。

なお、掛けには掛けで支払うなら、手形には手形で支払う、
といえなくもないのですが、
支払手形の振り出しはおすすめできません。
理由は、また明日お話しします。

支払日は回収日のあとにしましょう

2010-04-14

売上代金を回収してから、仕入代金や経費などを支払う
資金繰りは楽になります。

つまり、売掛金の回収日の後に、
買掛金の支払日や経費の支払日が来るようにするのです。
手形取引であれば、受取手形の期日の後に
支払手形の期日が来るようにサイトを調整します。

経費の支払いでは給料と家賃は割と大きな割合を占めるので、
その支払日の設定が資金繰りに大きな影響を与えることがあります。

給料は20日締めで25日払いとしている会社が多いようです。
例えば、売掛金の回収日が月末であれば、
月末締めの翌月5日払いにすると資金繰りは楽になります。

家賃は翌月分を月末に支払う契約になっていることが多いようです。
それを翌月分は、翌月5日に支払うようにすると資金繰りが楽になります。

すでに契約済みの場合は、まず家賃の値下げ交渉をして、
値下げができなければ、支払日を5日にしてもらうよう交渉しましょう。

売掛金を管理しましょう

2010-03-30

掛取引とは、商品やサービスの代金を後日支払ってもらう
という約束で取引を行うことをいいます。
通常、掛取引は信用のある取引先に対してしか行わないので、
掛けで仕入している取引先を仕入先、
掛けで販売している取引先を得意先といいます。

掛売りで発生した債権のことを「売掛金」、
掛仕入れで発生した債務のことを「買掛金」といいます。
この掛取引を管理する帳簿が、「売掛帳」「買掛帳」です。

売掛帳とは、得意先ごとに売掛金を把握するための
帳簿のことをいいます。
売掛帳を記帳する意味とは、掛売りによって発生した売掛金を管理して、
入金の漏れを防ぐために行います。

売掛帳には、「売上の日付」「商品名」「数量」「単価」「売上金額」
を記入し、入金になったときに「受入金額」を記載します。
これで、回収の漏れがないかどうかを把握することができます。

資金繰りを改善するために、売掛金を早めに回収しよう

2009-12-17

売掛金の回収期間が短くなると資金繰りは楽になります。
そこで回収期間を短くする3つの方法を検討してください。

1.売掛金の回収期間を短縮できるよう話してみる

得意先に売上代金をいままでよりも早く払ってもらうよう
交渉するのは難しいですが、まず、交渉してみましょう。

支払期間の短縮を求める代わりに、納期や価格で
譲歩できる条件を提示することも作戦のひとつです。

2.早期に回収できる取引先を探す

取引金額が大きくなくても、回収が早くできる
確実な取引先を探すようにして下さい。

大口で回収条件の悪い取引先は、倒産した時や
取引停止の時に大きな打撃を受けます。

3.納品日の工夫による早期回収

売掛金の回収条件は、月末締めの翌月末払いが一般的です。

したがって、納品は月初ではなく月末にすることで
早期に回収することができます。

資金繰りの改善には、販売代金の回収を徹底しよう

2009-12-16

売掛金や受取手形の残高が増えると資金繰りが苦しくなります。
では、売掛金や受取手形の残高をへらすには、
どうしたらいいでしょうか。

次の2点について見直してみてください。

まず1つ目は、成績のための押込み販売を止めることです。
押込み販売は、通常の回収条件の変更などを行って、
得意先にお願いする場合もあるので、
売上債権の残高が増加する傾向にあります。

そして2つ目は、請求もれや回収もれの防止です。
営業担当者は売ることに忙しいため、
請求書の発行を忘れたり、回収もれをフォローできなかったりします。

販売は代金の回収をして完了するという認識を徹底し、
営業担当者の成績は、販売額ではなく回収額で評価する
といったことが必要になります。

« 古い記事 
Copyright(c) 2020 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved.