証ひょう類を整理しよう

2010-03-23

証ひょうとは、請求書納品書領収書など
取引を証明する書類をいいます。
これらの書類は、法人の場合7年、個人事業の場合5~7年
保存の義務があります。

証ひょう類は、次の3つに分けておくとわかりやすいです。
(1)領収書
(2)取引先が発行した納品書と請求書の控え
(3)自己が発行した納品書と請求書。

これらは取引先によって大きさが違うため、
きれいにファイルするには、いったん定型の紙に貼って
綴じるをいいでしょう。
また、後から検索しやすいように日付順に並べておきましょう。

領収書のない出金については精算書などに記入しましょう。
電車やバスなどの交通費は領収書がありません。
精算書を準備しておき、日付、利用区間、金額を
示しておけば、証ひょうとして認められます。


Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead