中小企業倒産防止共済掛金を利用した法人税の節税

2009-12-05

中小企業倒産防止共済制度とは、取引先が倒産して
売掛金が回収できなくなった場合に、掛金総額の
10倍または、回収出来なくなった売掛金のいずれか
少ない金額まで貸付を受けることが出来る制度です。

その貸付金は、担保も保証人もいりません。
しかも、無利子でお金を貸してくれるのです。

この中小企業倒産防止共済掛金ですが、
年払いをすることが出来ます。

決算期末に利益が多く出てしまった場合、
掛金を年払いして、費用とすることが出来るのです。

取引先の倒産に備えることができ、法人税も節税できるので、
検討してみてくださいね。

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead