住宅借入金等特別控除では借入金残高が住宅ローン控除の対象となります

2010-01-03

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の対象となる金額は、
年末現在の借入金残高と土地建物の建築金額または購入金額の
いずれか低い金額となります。

なお、平成21年に住み始めた場合には、
控除期間は10年間で、住宅借入金等の年末残高は
5,000万円までが対象です。

つまり、最大50万円の税金が戻ります。

また、住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)は、
建物の建築や購入以外に、
一定の増改築をした場合も対象となります。

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead