特定口座で株取引をしている場合の確定申告

2010-01-07

特定口座とは、証券会社の口座で、
証券会社が株式の売却内容の記録や管理をし、
株式を持っている人の税金計算などの手間を省くものです。

株取引の回数が多い場合には、
自分で利益の計算をすることに手間がかかるので、
証券会社に特定口座を設けて株取引をしている方が多いと思います。

特定口座には、税金が源泉徴収される口座(源泉徴収選択口座)
源泉徴収されない口座(簡易申告口座)の2種類があります。

源泉徴収される口座で取引をしている場合には、
確定申告をする必要はありません。

しかし、損失の場合は、翌年以降の株式の売却益から損失を控除できるため、
確定申告をして損失を繰り越したほうがいいです。

また、複数の証券会社に特定口座を設けて株取引を行っている場合には、
その口座が源泉徴収選択口座でない限り、
すべての特定口座における取引を合算して譲渡益を計算し
確定申告をする必要があります。

なお、特定口座ではなく一般口座で取引を行っている場合には、
確定申告をしなければなりませんのでご注意ください。

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`fc2` not found]

Copyright(c) 2017 神戸市の税理士-藤本会計事務所 All Rights Reserved. Designed by Advanced Lead